top of page
  • 執筆者の写真Yuko O

Oの帰還 7.26 AKDT

更新日:2023年12月28日





うれしいニュースが飛び込んできた.

480 Otisがついにブルックス川に姿を現したのだ.

彼は雄ぐまの中で最も年齢が高い.

いつも決まった場所(そこは彼のOffisと呼ばれている:滝の落下地点.

すぐ脇の壁面)に座ってサーモンが来るのを待っている.

そして静かに仕留め、ゆっくりと食べる.

まるで瞑想するかのように川面を見つめるその様子をべあrwatcherたちはOtisの「Zen-time」と呼んでいる.

すべてのBear watcherは、毎年、彼がたくさんのサーモンを食べて順調に蓄えを作り、ゆっくりと冬眠に向かう姿を見送って満足する.

次の年には彼が再び現れてくれるのを祈る気持ちで待つ.


昨年は斜面の上り下りが億劫なのか、サーモンキャッチの途中の昼寝も、前年までとは違い川縁の窪んだ場所でゴロゴロしていた.

カメラがとらえたその眠る表情はあどけないぬいぐるみのようだった.


今年はOtisの年齢に加え、サーモンがとても少ない.

中には彼の姿を再び見ることはないと諦めていた人たちもいた.

でも彼は帰って来た.

背骨や腰骨の形もわかるほど痩せている.

けれど脇腹の骨が浮き出ているようなことはない.

目にも力があり、滝のすぐ下にしっかりと立って、すぐに3匹のサーモンを腹の中に収めた.


彼は今シーズンも頑張ってくれるだろう.

そして私たちはその姿を見て、たくさんのことを学ぶに違いない.






閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page