top of page
  • 執筆者の写真Yuko O

Beginning

今日のブルックス川はどこも本当に美しかった.


例年よりもかなり遅れて、少しづつ増えてきたサーモンをキャッチしようとブラウンベアたちの動きが活発になってきた.

Beanもアラスカ時間の午後、910sとともにブルックスフォールズに姿を現した.

910は、こぐまを連れて空腹の雄ぐまの近くでフィッシングする危険を犯してもサーモンが欲しい.

Beanも滝の上で粘るaunt bear 910の横に立って、サーモンが跳ねるのを待つ.

しかしやはりランまでには至らず、サーモンが飛ぶ姿はほとんどない.


現地時間でお昼過ぎ、そして夜中の12時まで.

滝の周辺をウロウロとしながら、910がゲットしたサーモンは大小1匹づつ.

それを家族がどうやって分け合ったかはカメラには映っていない.


けれども、Beanと910sにとって小さいながらも一歩前進の一日.


この家族が今夜よく眠り、明日また大きなサーモンを分け合うことができますように.



ブルックスフォールズ.

Lipと呼ばれる滝の上.

サーモンを狙うAunt bear 910とBean.


.




閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page